広瀬すず、リリー・フランキーからの“壁ドン”要望にやる気満々で応える!? 映画『一度死んでみた』完成披露ミサ

シネマトゥデイ 2,974回

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

映画『一度死んでみた』公開に先立ち、本作に登場するデスメタルバンド「魂ズ」のライブ名‟ミサ“にちなんで完成披露イベントが開催され、広瀬すず、吉沢亮、堤真一、リリー・フランキー、小澤征悦、嶋田久作、木村多江、松田翔太、浜崎慎治監督が登場。

〜見どころ〜
auのCM「三太郎」シリーズなどを担当してきた浜崎慎治がメガホンを取ったコメディー。ある特殊な薬を飲んだ父と、彼のことが大嫌いな娘が起こす騒動を映し出す。『ちはやふる』シリーズなどの広瀬すずが父に反発するヒロインにふんし、『あのコの、トリコ。』などの吉沢亮、『クライマーズ・ハイ』などの堤真一らが共演する。ソフトバンクモバイルのCMなどを制作し、『犬と私の10の約束』などにも携った澤本嘉光が脚本を務める。

〜あらすじ〜
製薬会社の社長を務める父の計(堤真一)と一緒に暮らす大学生の七瀬(広瀬すず)は、研究に打ち込むあまり母の死に際にも現れなかった仕事人間で口うるさい父が嫌でたまらず、顔を見るたびに死んでくれと毒づいていた。ある日計は、一度死んで2日後に生き返る薬を飲んだためにお化けになってしまう。何も知らずに動揺する七瀬は、遺言により社長を継ぐことになり、計の会社に勤める松岡(吉沢亮)から真相を聞かされる。

作品情報:cinematoday.jp
公式サイト:movies.shochiku.co.jp
(C) 2020 松竹 フジテレビジョン

撮影・編集:長谷川俊介

[PR]

関連動画

[PR]