高畑充希、“18禁”BL漫画で“攻め”と“受け”勉強!斎藤工は“受け派”カミングアウト!?映画『ヲタクに恋は難しい』完成披露試写会

シネマトゥデイ 26,316回

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

高畑充希と斎藤工が、山崎賢人(「崎」は「たつさき」)、菜々緒、賀来賢人、若月佑美、ムロツヨシ、佐藤二朗、福田雄一監督と共に、映画『ヲタクに恋は難しい』完成披露試写会に登場。
高畑が勉強のために“18禁”BL漫画を読んで危うくハマりそうになったというエピソードを話すと、斎藤は「“攻め”の様に見えて“受け”です」と“受け派”であることをカミングアウトした。

~見どころ~
ドラマシリーズ「過保護のカホコ」などの高畑充希と『斉木楠雄のΨ難』などの山崎賢人を主演に迎え、WEB漫画を実写映画化したラブコメディー。ヲタクなカップルの恋路に立ちふさがる試練を、ミュージカルシーンなどを交えて描く。メガホンを取るのは『銀魂』シリーズやドラマ「勇者ヨシヒコ」シリーズなどの福田雄一監督。

~あらすじ~
26歳の会社員・桃瀬成海(高畑充希)は、転職先で幼なじみの二藤宏嵩(山崎賢人)と再会する。イケメンで仕事もバリバリこなす宏嵩はかなりのゲームヲタクで、成海もボーイズラブを愛する隠れ腐女子だった。成海は周りの人にヲタクと知られる“ヲタバレ”を恐れており、家族や友人にも内緒にしていた。

作品情報:cinematoday.jp
公式サイト:wotakoi-movie.com
(C) 2020映画「ヲタクに恋は難しい」製作委員会 (C) ふじた/一迅社

[PR]

関連動画

[PR]