映画『殿、利息でござる!』予告編

シネマトゥデイ 191,114回

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

『武士の家計簿』の原作者・磯田道史による「無私の日本人」の一編「穀田屋十三郎」を、『予告犯」などの中村義洋監督が映画化。江戸時代中期の仙台藩吉岡宿が舞台の実話で、年貢の取り立てや労役で疲弊した宿場町を救うため、藩に金を貸して毎年の利息を地域の住民に配る「宿場救済計画」に尽力する人々の姿を描く。町の行く末を案じる主人公を、時代劇初主演の阿部サダヲが演じるほか、瑛太、妻夫木聡という実力派が出演している。
作品情報:cinematoday.jp
公式サイト:tono-gozaru.jp
(C)2016「殿、利息でござる!」製作委員会

[PR]

関連動画

[PR]