グザヴィエ・ドラン監督、恋愛と友情の間で揺れ動く青年を描いた最新作への思いを語る 映画『マティアス&マキシム』インタビュー映像

シネマトゥデイ 3,307回

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

『わたしはロランス』などのグザヴィエ・ドランが監督と脚本を務めるラブストーリー。5歳のころからお互いを知っている二人の青年が、恋愛感情と友情の間で揺れ動く姿を描き出す。ガブリエル・ダルメイダ・フレイタスが主人公を演じ、その親友をグザヴィエ・ドランが演じるほか、『Mommy/マミー』などのアンヌ・ドルヴァルらが共演。本作でドランは『胸騒ぎの恋人』『トム・アット・ザ・ファーム』などと同様に、役者として自身の監督作に出演している。

劇場公開:2020年9月25日
映画情報:cinematoday.jp
公式サイト:phantom-film.com
(C) 2019 9375-5809 QUEBEC INC a subsidiary of SONS OF MANUAL

[PR]

関連動画

[PR]