カイザ、アクセル、ディエンド “レジェンド2号ライダー”集結! 久しぶりの演技を振り返る『仮面ライダージオウ NEXT TIME ゲイツ、マジェスティ』完成披露舞台あいさつ

シネマトゥデイ 49,519回

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

「仮面ライダージオウ」テレビシリーズ最終話の後を描く『仮面ライダージオウ NEXT TIME ゲイツ、マジェスティ』完成披露舞台あいさつに
押田岳(明光院ゲイツ/仮面ライダーゲイツ役)、
板垣李光人(ウール役)、
紺野彩夏(オーラ役)、
兼崎健太郎(スウォルツ役)、
村上幸平(草加雅人/仮面ライダーカイザ役)、
木ノ本嶺浩(照井竜/仮面ライダーアクセル役)、
戸谷公人(海東大樹/仮面ライダーディエンド役)、
奥野壮(常磐ソウゴ/仮面ライダージオウ役)、
諸田敏監督が登場。今作の撮影を振り返った。

〜見どころ〜
特撮ドラマ「仮面ライダージオウ」最終話のアフターストーリーが描かれるアクション。普通の高校生に戻った仮面ライダーゲイツこと明光院ゲイツたちが、再びライダーに変身し戦いに身を投じる。ゲイツ役の押田岳をはじめ、大幡しえり、渡邊圭祐、奥野壮、生瀬勝久らシリーズのキャストが出演するほか、仮面ライダーカイザら歴代のライダーも登場する。

〜あらすじ〜
2018年9月。普通の高校生に戻った明光院ゲイツ(押田岳)には、柔道でメダルを取る夢があったが、試合で大けがをして選手生命を絶たれてしまう。落ち込むゲイツの前にウォズと名乗る謎の青年が現れ、ウォッチとドライバーを差し出し、ゲイツを救世主として導くためにやって来たと告げる。そうしなければ常磐ソウゴ(奥野壮)が最低最悪の魔王になるというのだ。

劇場公開日:2020年2月28日
映画情報:cinematoday.jp
公式サイト:vcinext-kamenrider-zio.jp
(C) 2020 石森プロ・ADK EM・バンダイ・東映ビデオ・東映 (C) 石森プロ・テレビ朝日・ADK EM・東映

#ゲイツマジェスティ #仮面ライダージオウ #仮面ライダー

[PR]

関連動画

[PR]