キャリー・フィッシャーの娘がオリヴィア・ワイルドの初長編監督作でぶっ飛びキャラに!ヒントを得た名女優とは?

シネマトゥデイ 1,376回

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

優等生の女子高生二人が、学園生活最後の一夜に大冒険を繰り広げる青春コメディー。『トロン:レガシー』などの女優オリヴィア・ワイルドが長編初監督を果たし、『俺たち』シリーズなどのウィル・フェレルとアダム・マッケイが製作総指揮を務める。主人公の女子高生コンビを、『ショート・ターム』などのケイトリン・デヴァーと俳優ジョナ・ヒルの妹で『レディ・バード』などのビーニー・フェルドスタインが演じ、ビーニーは本作で第77回ゴールデン・グローブ賞の女優賞(コメディー/ミュージカル)にノミネートされた。
(C) 2019 ANNAPURNA PICTURES, LLC. All Rights Reserved.

cinematoday.jp
#ブックスマート

[PR]

関連動画

[PR]