松岡茉優、「デジモン」は自分を育ててくれた存在 映画『デジモンアドベンチャー LAST EVOLUTION 絆』インタビュー

シネマトゥデイ 29,001回

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

映画『デジモンアドベンチャー LAST EVOLUTION 絆』でメノア・ベルッチ役の声優を務めた松岡茉優にインタビュー!

ー見どころー
1999年の劇場版公開と、アニメシリーズ放送開始20周年を記念したアニメーション。大学生になった八神太一たちが、パートナーデジモンの宿命を受けてある決断を下す。監督を『PERSONA』シリーズなどの田口智久が務める。ボイスキャストは花江夏樹、細谷佳正、三森すずこのほか、ゲストとして小野大輔、松岡茉優が参加している。

ーあらすじー
八神太一やアグモンたちがデジタルワールドを冒険してから10年以上が過ぎた2010年。大学生の太一ら“選ばれし子どもたち”の周囲で、ある事件が発生する。デジモン研究者によると“エオスモン”というデジモンが原因だという。助けを求められた太一たちはエオスモンと戦う中、選ばれし子どもたちが大人になったときにパートナーデジモンが消滅することを知る。

作品情報:cinematoday.jp
公式サイト:digimon-adventure.net
(C) 本郷あきよし・東映アニメーション

撮影:長谷川俊介・若林壮太/編集:長谷川俊介

[PR]

関連動画

[PR]