大阪の駄菓子店が舞台のドキュメンタリー!映画『ぼくと駄菓子のいえ』予告編

シネマトゥデイ 4,214回

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

大阪の駄菓子店に集まる子供たちと、彼らを分け隔てなく迎え入れる店主の母娘が育む絆を捉えた感動のドキュメンタリー。家庭や学校での問題が山積みの中、店を訪れる子供たちと真摯(しんし)に向き合う店主家族の日常をカメラが映し出す。田中健太監督は、大阪芸術大学映像学科在学中におよそ3年をかけて撮影した。
作品情報:cinematoday.jp
公式サイト:bokutodagashinoie.com

[PR]

関連動画

[PR]