松坂桃李、30歳の節目を振り返る 映画『居眠り磐音』インタビュー

シネマトゥデイ 23,597回

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

映画『孤狼の血』『娼年』など数々の作品に出演してきた松坂桃李が、最新作『居眠り磐音』について、また30歳の節目を振り返った。

〜作品の見どころ〜
佐伯泰英の小説シリーズを、『娼年』などの松坂桃李の主演で映画化した時代劇。普段は人情に厚く穏やかな主人公が、「居眠り剣法」でさっそうと悪を斬る。『超高速!参勤交代』シリーズなどの本木克英が監督を務め、脚本をドラマ「ちかえもん」などの藤本有紀が手掛ける。

〜あらすじ〜
豊後関前藩の坂崎磐音(松坂桃李)と小林琴平、河井慎之輔は、幼なじみだった。磐音が琴平の妹・奈緒との祝言を控えていたある日、事件が起こり、磐音は二人の幼なじみを失う。奈緒を置いて関前を去り、江戸で浪人として生活することになった磐音は、昼はうなぎ割き、夜は両替商の用心棒として働き始める。

#松坂桃李 #居眠り磐音 #佐伯泰英

作品情報:cinematoday.jp
公式サイト:iwane-movie.jp
(C) 2019映画「居眠り磐音」製作委員会

[PR]

関連動画

[PR]