2019年 第76回ベネチア国際映画祭コンペティション部門21作品紹介(2/3)

第76回ベネチア国際映画祭

『真実』

製作国: フランス、日本
監督:是枝裕和
キャスト:カトリーヌ・ドヌーヴジュリエット・ビノシュ

【ストーリー】
自伝本「真実」を出版した大女優ファビエンヌを祝うため、集まった家族たち。アメリカで脚本家として活躍する娘のリュミエールも、夫と娘を連れて駆けつけた。家族や秘書がファビエンヌは何を書いたのかと案じるなか、次第に母と娘の愛憎入り交じる真実があらわになる。

【ここに注目】
万引き家族』(2018)でカンヌ国際映画祭の最高賞にあたるパルムドールを受賞した是枝裕和監督が、『シェルブールの雨傘』(1963)などのフランスの国民的女優、カトリーヌ・ドヌーヴを主演に迎えた家族ドラマ。共演にはジュリエット・ビノシュ、イーサン・ホークら豪華キャストが集結した。是枝監督はデビュー作『幻の光』(1995)がベネチア国際映画祭コンペ部門で脚本に与えられる最優秀賞であるオゼッラ・ドゥオロ賞を受賞、『三度目の殺人』(2017)でもコンペ部門に選出されている。今回、カンヌ国際映画祭に続く栄誉なるか。

[PR]

『ザ・パーフェクト・キャンディデイト(原題) / THE PERFECT CANDIDATE』 

製作国:サウジアラビア、ドイツ
監督:ハイファ・アル=マンスール
キャスト:ミラ・アルザラーニダエイ

【ストーリー】
男性が主導権を握り、女性が海外旅行をするのにも親族男性の許諾が必要な後見人制度のあるサウジアラビア。後見人である父が旅行許可証を更新していなかったため、飛行機に乗ることができなかった若き女性医師マリアムは、そのことがきっかけで地方議会選挙に出馬することになる……。

【ここに注目】
サウジアラビア初の女性監督ハイファ・アル=マンスール監督がメガホンを取った社会派コメディー。近年、ようやく女性に選挙権と被選挙権が認められたサウジアラビアだが、そのことによって発生した新たな問題を、やや皮肉な視点で捉える。監督はエル・ファニング主演の『メアリーの総て』(2017)で一旦舞台を海外に移したものの今回再び祖国に戻り、サウジアラビアの首都リヤドで撮影を実行。『少女は自転車にのって』(2012)が本映画祭で国際アートシアター連盟賞を受賞した監督の躍進に期待が高まる。

『ワスプ・ネットワーク(原題) / WASP NETWORK』

WASP NETWORK

製作国:ブラジル、フランス、スペイン、ベルギー
監督:オリヴィエ・アサイヤス
キャスト:ペネロペ・クルスエドガー・ラミレス

【ストーリー】
1990年12月のハバナ。キューバの航空会社のパイロットであるルネ・ゴンサレスは愛する妻と娘をキューバに残し、飛行機を盗んで国を逃れ、マイアミで新しい生活を始める。キューバ反体制派に加わったルネは、カストロ政権打倒に向けて活動を始める。

【ここに注目】
誰もがそれを知っている』(2018)のペネロペ・クルス、『ネルーダ 大いなる愛の逃亡者』(2016)のガエル・ガルシア・ベルナルら豪華タッグによるスパイサスペンス。ブラジル人作家フェルナンド・モライスの小説「ザ・ラスト・ソルジャーズ・オブ・ザ・コールド・ウォー:ザ・ストーリー・オブ・ザ・キューバン・ファイブ(原題) / The Last Soldiers of the Cold War : The Story of the Cuban Five」を基に、1980年代から90年代にフロリダに拠点を置いた反カストロ派のテロ組織に潜入し、米国政府に逮捕されたスパイたちの実像に迫る。本国フランスでは『パーソナル・ショッパー』(2016)で第69回カンヌ国際映画祭監督賞を受賞したオリヴィエ・アサイヤス監督が、今度はベネチアで賞を狙う。

[PR]

『マリッジ・ストーリー』

製作国:アメリカ
監督:ノア・バームバック
キャスト:スカーレット・ヨハンソンアダム・ドライヴァー

【ストーリー】
離婚にむけて話し合いを進める、劇作家の夫と女優の妻。舞台のためニューヨークに残りたい夫と、ロサンゼルスでテレビの仕事を得た妻は、離婚プロセスに戸惑いながら次第に対立を深めていく。協議は泥仕合の様相を呈し、2人は互いに怒りを爆発させる。

【ここに注目】
キャリア絶好調のアダム・ドライヴァーとスカーレット・ヨハンソンが夫婦役で主演。『イカとクジラ』(2005)、『フランシス・ハ』(2012)のノア・バームバックが監督・脚本を務めたダークコメディー。子どもの頃に両親が離婚し、自らも2013年に女優ジェニファー・ジェイソン・リーと離婚した監督自身の経験が反映されているとのこと。ほかに妻側の弁護士にローラ・ダーン、夫側の弁護士としてレイ・リオッタが共演する。

『ゲスト・オブ・オナー(原題) / GUEST OF HONOUR』

GUEST OF HONOUR

製作国:カナダ
監督:アトム・エゴヤン
キャスト:デヴィッド・シューリスレイスラ・デ・オリヴェイラ

【ストーリー】
食品検査官のジムの娘で高校教師ヴェロニカが生徒へのセクハラ容疑で起訴される。冤罪であるにもかかわらず刑務所に留まろうとする娘と、早く釈放させたい父は対話を重ね、やがて互いの過去の秘密やトラウマが明らかになっていく。

【ここに注目】
カンヌ国際映画祭で審査員特別グランプリを受賞した『スウィート ヒアアフター』(1997)のアトム・エゴヤン監督がメガホンを取った本作は、父娘の複雑な関係を描いた心理ドラマ。『ハリー・ポッター』シリーズのデヴィッド・シューリスが父ジム役を、米マーベルドラマシリーズ「The Gifted ザ・ギフテッド」のレイスラ・デ・オリヴェイラが娘ヴェロニカ役を演じ、ルーク・ウィルソンが共演している。

[PR]

『アド・アストラ』

製作国:アメリカ
監督:ジェームズ・グレイ
キャスト:ブラッド・ピットトミー・リー・ジョーンズ

【ストーリー】
地球外知的生命体の探求に人生を捧げた父に憧れ、宇宙飛行士になったロイ。しかし、16年前に消息を絶った父が実は生存しており、太陽系を滅亡させる力がある実験“リマ計画”に関与していたことを知ったロイは、父を探すため宇宙に向かって飛び立つ。

【ここに注目】
ブラッド・ピットとトミー・リー・ジョーンズが父子役で初共演したスペースアドベンチャー。ロイの妻役には『アルマゲドン』(1998)のリヴ・タイラー、そしてドナルド・サザーランドルース・ネッガなど豪華キャストが共演。『エヴァの告白』(2013)のジェームズ・グレイが監督を務め、プランBがプロデュースする本作。ベネチアで男優賞受賞経験のあるブラピが、次はプロデューサーとして金獅子賞を獲得するか!?

『ザ・ドメイン(英題) / THE DOMAIN』

製作国:ポルトガル、フランス
監督:ティアゴ・ゲデス
キャスト:アルバーノ・ヘロニモサンドラ・ファレイロ

【ストーリー】
ポルトガルのテージョ川南岸に広がる、ヨーロッパ有数の広大な土地を所有する一族の記録。1974年にポルトガルで起きたカーネーション革命を経ながら、1940年代から現在に至るまで、歴史、政治、経済、社会生活を背景に、一族の屋敷に隠された秘密を明らかにする。

【ここに注目】
ティアゴ・ゲデス監督は、ニューヨークフィルムアカデミーなどで学んだポルトガルの新鋭。共同で監督した長編2作が国際映画祭で上映されたが、単独で監督した長編が初めて3大国際映画祭にノミネートされた。ポルトガルの現代史を絡めながら、とある上流階級の一族を描いた本作について、ゲデス監督は「我々を定義し、行動を制限する、見えない絆についての映画だ」とコメントしている。

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]