スタート地点にすら立てない人を社会はどう救うべきなのか

2021年2月28日 なかざわひでゆき すばらしき世界 ★★★★★ ★★★★★

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
すばらしき世界

 これまでに何度も繰り返し臭い飯を食ってきた中年ヤクザが、今度こそは真っ当に生きようと地道に更生を目指すものの、しかしそんな彼の前に様々な障害が立ちふさがる。それは、一度レールを外れてしまった人間のセカンド・チャンスを許さない日本の社会システムであり、はたまたドロップ・アウトした者へ向けられる排他的な偏見の目でもある。そもそも、恵まれない境遇に生まれ育った者には、生きるための知恵や常識を学ぶことも難しい。様々な事情でスタート地点にすら立てない人間を、社会はどのように見守り支えるべきなのか。ますます格差が広がり貧しくなる日本の、現在と未来を考える上でも見逃せない作品だ。

なかざわひでゆき

なかざわひでゆき

略歴:日本大学芸術学部映画学科卒、同学部大学院卒。映画・海外ドラマのライターとしてキャリア30年。TVガイド誌やオンライン情報サイトなどを中心に幅広く執筆活動中。雑誌「スカパー!TVガイドBS+CS」(東京ニュース通信社刊)で15年続くコラム“映画女優LOVE”をはじめ各テレビガイド誌で特集記事やコラムを執筆。著書は「ホラー映画クロニクル」(扶桑社刊)、「アメリカンTVドラマ50年」(共同通信社刊)など。海外取材経験も多数。旧ソ連のモスクワ育ち。

近況:最近は今さらながらK-POPのボーイズバンドにドハマり中。一番の御贔屓はMCNDですが、NCTやTREASUREも大好き。もちろんBLACK PINKとかITZYとかEVERGLOWとかガールズにも夢中です。

サイト: http://eiga3mai.exblog.jp/

なかざわひでゆきさんの最近の映画短評

もっと見る

[PR]