社会的なことにも触れるB級ホラー

2021年2月12日 猿渡 由紀 バッド・ヘアー ★★★★★ ★★★★★

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
バッド・ヘアー

ストレートの長い黒髪が出てくる怖い話は、日本人ならば馴染みのあるところ。今作はそれを80年代のL.A.に住む黒人女性でやってみせる。もちろん、普通、黒人女性の髪はストレートではない。だが、テレビ局に勤める女性の主人公は、出世するため、高いお金を払って、一般的基準で「美しい」とされる髪を手に入れるのだ。日本でも髪は女の命と言われるように、国境や世代を超えて女性と髪の関係は深いが、とりわけ黒人女性においては根強い問題で、最近でもしばしば語られてきている。男女差別や職場における不適切な関係などの事柄にも触れるが、社会問題とホラーを最高な形で融合して見せた「ゲット・アウト」にはなりきれなかった。

猿渡 由紀

猿渡 由紀

略歴:東京の出版社にて、月刊女性誌の映画担当編集者を務めた後、渡米。L.A.をベースに、ハリウッドスターのインタビュー、撮影現場レポート、ハリウッド業界コラムなどを、日本の雑誌、新聞、ウェブサイトに寄稿する映画ジャーナリスト。映画と同じくらい、ヨガと猫を愛する。

近況:

猿渡 由紀さんの最近の映画短評

もっと見る

[PR]