山水画の絵巻物の形式で世界を写し取る

2021年1月27日 平沢 薫 春江水暖~しゅんこうすいだん ★★★★★ ★★★★★

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
春江水暖~しゅんこうすいだん

 絵巻物を巻き広げていくと、新たな風景が出現していき、それと同時に時間が流れていく。この映画はその形式で世界を写し取る。作中でも山水画の絵巻物が映し出されて、同じものだということがよく分かる。画面は大河の流れを映し出しながら、流れに沿って水平移動していく。カメラの移動速度は、大河を流れる水と同じ緩やかさで、同時に映画の中を流れる時間とも呼応している。初夏から始まり、秋、冬、春を通ってまた初夏へ。カメラが映し出す大河の周囲には、変わらない山河があり、激変する建造物があり、老母と4人の息子それぞれの家族の暮らしがあり、それらもまた変わらなかったり変貌したりする。そして、時間がゆっくり流れていく。

平沢 薫

平沢 薫

略歴:映画ライター。視覚に訴えかけるビジュアルの派手な映画がお気に入り。「SCREEN」「SCREEN ONLINE」「日経エンタテインメント!」「キネマ旬報」「SFマガジン」「映画.com」「Movie Walker」等で執筆。他に「キングスマン:ゴールデン・サークル」ノベライズ、「グレートウォール」ノベライズ、「X-ファイル 2016」ノベライズ、「フランケンウィーニー」ノベライズ、「「ターミネーター:新起動/ジェニシス ビジュアルガイド」翻訳など。ウェブで映画やTVドラマのニュースを追いかけ中

近況:「CALLS コール」@AppleTV+ 、電話の音声だけで構成されたドラマだが、製作総指揮が「ドント・ブリーズ」のフェデ・アルバレス監督なので技あり。「オン・ザ・ハイウェイ その夜、86分」(13)や「THE GUILTY/ギルティ」(18)が進化して突然変異に?

平沢 薫さんの最近の映画短評

もっと見る

[PR]