正義が必ずしも勝つとかぎらない悲劇

2021年1月24日 猿渡 由紀 ウェイティング・バーバリアンズ 帝国の黄昏 ★★★★★ ★★★★★

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
ウェイティング・バーバリアンズ 帝国の黄昏

架空の帝国の物語だが、権力のある者がない者の人権を無視する、正しい主張に耳を傾けないという状況は、現実の世界で起こってきた、いや、今も起こっていること。その「悪」を、ジョニー・デップが、彼らしいエキセントリックさを放ちつつ、冷酷に演じている。登場時間は短いものの、そのインパクトはさすが。ロバート・パティンソンも良いが、せっかく彼を起用しただけの見せ場がないのが残念。最も演技の見せどころがあるのは、良い人なのに苦しい運命をたどらされるマーク・ライランスだ。沈黙の中でも見事な感情表現をする彼は、やはり今日活躍する最も才能ある役者ひとりだと確信した。シネマトグラフィーも美しい。

猿渡 由紀

猿渡 由紀

略歴:東京の出版社にて、月刊女性誌の映画担当編集者を務めた後、渡米。L.A.をベースに、ハリウッドスターのインタビュー、撮影現場レポート、ハリウッド業界コラムなどを、日本の雑誌、新聞、ウェブサイトに寄稿する映画ジャーナリスト。映画と同じくらい、ヨガと猫を愛する。

近況:

猿渡 由紀さんの最近の映画短評

もっと見る

[PR]