倫理観を失い殺人集団と化した米兵チームの実話

2021年1月23日 なかざわひでゆき キル・チーム ★★★★★ ★★★★★

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
キル・チーム

 アフガニスタンに駐留する米陸軍の小隊チームが、子供や老人を含む丸腰の一般市民を殺害していたという実話の映画化。メンバーの中で唯一、良心の呵責から危険を冒して真実を明るみにしようとした新兵の視点で描かれる。タリバンによるテロ攻撃で米兵が日々犠牲になる中、仲間の命を守るために治安維持の任務にあたる若者らが、俺たちの仕事は人を殺すことだと豪語する上官のもとで倫理観を失い、やがてその目的が「野蛮な現地人」を殺すことにすり替わっていく。大義名分と仲間意識によって自己を正当化していく兵士たちの集団心理の恐ろしさ。戦争の狂気の一端を生々しく垣間見る力作だ。

なかざわひでゆき

なかざわひでゆき

略歴:日本大学芸術学部映画学科卒、同学部大学院卒。映画・海外ドラマのライターとしてキャリア30年。TVガイド誌やオンライン情報サイトなどを中心に幅広く執筆活動中。雑誌「スカパー!TVガイドBS+CS」(東京ニュース通信社刊)で15年続くコラム“映画女優LOVE”をはじめ各テレビガイド誌で特集記事やコラムを執筆。著書は「ホラー映画クロニクル」(扶桑社刊)、「アメリカンTVドラマ50年」(共同通信社刊)など。海外取材経験も多数。旧ソ連のモスクワ育ち。

近況:最近は今さらながらK-POPのボーイズバンドにドハマり中。一番の御贔屓はMCNDですが、NCTやTREASUREも大好き。もちろんBLACK PINKとかITZYとかEVERGLOWとかガールズにも夢中です。

サイト: http://eiga3mai.exblog.jp/

なかざわひでゆきさんの最近の映画短評

もっと見る

[PR]