レコード・ジャケットが思い起こさせる懐かしき胸のときめき

2021年1月20日 なかざわひでゆき エポックのアトリエ 菅谷晋一がつくるレコードジャケット ★★★★★ ★★★★★

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
エポックのアトリエ 菅谷晋一がつくるレコードジャケット

 かつてレコード・ジャケットは、音楽ファンにとって重要な情報源だった。それぞれに趣向を凝らした表面のアート・デザインは無論のこと、裏面にクレジットされたソングライターやプロデューサーなどの名前を目で追いつつ、未知なる音楽の中身を想像して期待に胸を膨らませながらレコードをレジへ持っていく。当然ながら、当りもあれば外れもある。そうやって一か八かのジャケ買いを繰り返しているうちに、いつしか自分だけの「好きな音楽」を見つける選択眼が磨かれたものだった。ジャケット・デザイナーを生業とする菅谷晋一の仕事に迫る本作は、そんな忘れかけたときめきを全ての音楽ファンに思い起こさせてくれるだろう。

なかざわひでゆき

なかざわひでゆき

略歴:日本大学芸術学部映画学科卒、同学部大学院卒。映画・海外ドラマのライターとしてキャリア30年。TVガイド誌やオンライン情報サイトなどを中心に幅広く執筆活動中。雑誌「スカパー!TVガイドBS+CS」(東京ニュース通信社刊)で15年続くコラム“映画女優LOVE”をはじめ各テレビガイド誌で特集記事やコラムを執筆。著書は「ホラー映画クロニクル」(扶桑社刊)、「アメリカンTVドラマ50年」(共同通信社刊)など。海外取材経験も多数。旧ソ連のモスクワ育ち。

近況:最近は今さらながらK-POPのボーイズバンドにドハマり中。一番の御贔屓はMCNDですが、NCTやTREASUREも大好き。もちろんBLACK PINKとかITZYとかEVERGLOWとかガールズにも夢中です。

サイト: http://eiga3mai.exblog.jp/

なかざわひでゆきさんの最近の映画短評

もっと見る

[PR]