マフィアのような殺人部隊の恐ろしさ

2021年1月19日 山縣みどり キル・チーム ★★★★★ ★★★★★

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
キル・チーム

アフガニスタン民間人殺害事件で有罪判決を受けた若き兵士の視点から事件の全貌を暴く実話ドラマだ。911以後、聖戦という名目で復讐めいた行為を行なっていた米兵の存在は想定内(当然、人種差別的な感覚があったはず)だが、マフィア的な沈黙の掟が部隊内に浸透していたことが恐ろしい。かつて米軍ではLGBTQに対して“訊くな、答えるな”規制があったが、犯罪に対してもだった!? 軍人だった父親に倣って国を守るという大望を抱いた主人公がサイコパスのような上官に毒され、倫理観と保身の間で悶々とするさまがドラマティック。監督はこの事件をドキュメンタリー映画化したので、当事者の心理がよく理解できていたに違いない。

山縣みどり

山縣みどり

略歴:雑誌編集者からフリーに転身。インタビューや映画評を中心にファッション&ゴシップまで幅広く執筆。

近況:リオ五輪に向けて、イケメンなアスリートを探す仕事をオファーされてしまった。最近はモデル活動してるアスリートも多いのにびっくり。

山縣みどりさんの最近の映画短評

もっと見る

[PR]