権力闘争は、宮廷時代から脈々と続く一種の伝統芸?

2021年1月18日 山縣みどり KCIA 南山の部長たち ★★★★★ ★★★★★

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
KCIA 南山の部長たち

朴正煕暗殺事件を主犯である金載圭の視点から辿っていて、史実に忠実と思わせる。コリアゲート事件の収束という名目の暗殺などを実行した主人公が真っ暗な底なし沼から浮かび上がろうと必死にあがく姿にリアリティがある。演じたイ・ビョンホンはイケメン俳優のオーラを抹消し、権力の亡者と化した大統領を正気に帰らせようとして最後の手段に出る南山の部長を熱演。また部下に忠誠を求めるだけではなく、彼らをアメと鞭で操る不気味な大統領をイ・ソンミが巧みに演じていて、本当に憎々しい! 宮廷が舞台の韓国時代劇でもお馴染みの権力争いや深謀遠慮が現代にまで脈々と続いているのも驚き。

山縣みどり

山縣みどり

略歴:雑誌編集者からフリーに転身。インタビューや映画評を中心にファッション&ゴシップまで幅広く執筆。

近況:リオ五輪に向けて、イケメンなアスリートを探す仕事をオファーされてしまった。最近はモデル活動してるアスリートも多いのにびっくり。

山縣みどりさんの最近の映画短評

もっと見る

[PR]