コロナ禍の不自由さを逆手に取ったステイホーム・ホラー

2021年1月16日 なかざわひでゆき ズーム/見えない参加者 ★★★★★ ★★★★★

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
ズーム/見えない参加者

 新型コロナでロックダウン中のイギリス。暇を持て余した仲良しグループが、ウェブ会議サービスZoomを使って交霊会を催したところ、誤って狂暴な悪霊を呼び出してしまう。全編に渡ってパソコンやSNS上でストーリーが展開する映画は近年のちょとしたトレンドで、本作もそのうちのひとつに過ぎないと言えばそうなのだが、しかしコロナ禍の不自由なリモート撮影を逆手に取った恐怖演出のギミックは絶妙で、シチュエーション的によく似た『アンフレンデッド』シリーズよりも良く出来ている。結局、最後の最後まで悪霊の正体も目的も分からないという得体の知れなさも効果的。ただ、タイムリーな内容だけに賞味期限は短いかもしれない。

なかざわひでゆき

なかざわひでゆき

略歴:日本大学芸術学部映画学科卒、同学部大学院卒。映画・海外ドラマのライターとして、TVガイド誌やオンライン情報サイトなどを中心に幅広く執筆活動中。雑誌「スカパー!TVガイドBS+CS」(東京ニュース通信社刊)で15年続くコラム“映画女優LOVE”をはじめ各テレビガイド誌で特集記事やコラムを執筆。著書は「ホラー映画クロニクル」(扶桑社刊)、「アメリカンTVドラマ50年」(共同通信社刊)など。また、数多くの来日スターにインタビューしており、ハリウッドのスタジオや撮影現場へも毎年コンスタントに足を運んで取材をしている。特に海外ドラマの現地取材は本人も数え切れないほど(笑)。旧ソ連のモスクワ育ち。

近況:最近は今さらながらK-POPのボーイズバンドにドハマり中。一番の御贔屓はMCNDですが、NCTやTREASUREも大好き。もちろんBLACK PINKとかITZYとかEVERGLOWとかガールズにも夢中です。

サイト: http://eiga3mai.exblog.jp/

なかざわひでゆきさんの最近の映画短評

もっと見る

[PR]