一年の計は元旦にあり、恋の計は大晦日にあり?

2021年1月13日 山縣みどり 越年 Lovers ★★★★★ ★★★★★

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
越年 Lovers

男女3組の心の機微がリリカルなタッチで描かれ、恋に不器用な人の背中を押してくれそうなラブストーリー。舞台設定は台湾(一部マレーシア)と日本だが、登場キャラの心理が非常にわかりやすかったのはやはり、監督が岡本かの子の小説にインスパイアされて脚本を書いた作品だからだろう。冬の山形を舞台にしたエピソードには地元を離れられなかった女性と東京に出てもかつての恋を忘れられない男性が登場し、恋ってタイミングが大事だなとしみじみ。橋本マナミ&峯田和伸の相性が非常にいい! そしてタイトルにもなっている岡本の「越年」が原作の台北パートは大好きな迪化街でロケしていて、住所の標識が気になりました。

山縣みどり

山縣みどり

略歴:雑誌編集者からフリーに転身。インタビューや映画評を中心にファッション&ゴシップまで幅広く執筆。

近況:リオ五輪に向けて、イケメンなアスリートを探す仕事をオファーされてしまった。最近はモデル活動してるアスリートも多いのにびっくり。

山縣みどりさんの最近の映画短評

もっと見る

[PR]