英国が誇る名優たちが、ズラリ揃った絵ヅラを観るだけで壮観

2021年1月13日 斉藤 博昭 キング・オブ・シーヴズ ★★★★★ ★★★★★

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
キング・オブ・シーヴズ

現在87歳(!)のマイケル・ケインを筆頭に、いぶし銀の俳優たち、揃い踏みの風景に、彼らの若い時代の映像がそのまま役の過去として挿入されるものだから、それぞれの名作も頭をよぎり、映画史を振り返るような幸福な感覚も!
老人たちによる『オーシャンズ11』的な集団犯罪は、当然のごとく自分本位だったり、詰めが甘かったりして、いい意味でのユルい感じを愛おしむ作品ではある。楽曲のセレクトもナイス。
ただし、名優たちの円熟の才能が生かしきれているとは言い難く、彼らであれば、もう少し振り切れたノリや痛快さ、そして何より「哀愁」が表出できたのでは…。衝撃の実話を、映画=エンタメとして盛り上げる難しさも感じる。

斉藤 博昭

斉藤 博昭

略歴:1963年神奈川県藤沢市生まれ。高校時代は映画研究部に所属。1997年よりフリーランスのライターとして映画誌、女性誌、情報誌、劇場パンフレット、映画サイトなどさまざまな媒体に映画レビュー、インタビュー記事を寄稿。得意ジャンルはアクション、ミュージカル。最も影響を受けているのはイギリス作品です。Yahoo!ニュースでコラムを随時更新中。

近況:地元の藤沢で、同じ高校出身の大島新監督の『なぜ君は総理大臣になれないのか』凱旋上映。監督のトークのお相手を務めました。

サイト: https://news.yahoo.co.jp/byline/saitohiroaki/

斉藤 博昭さんの最近の映画短評

もっと見る

[PR]