中村倫也のにゃんこ愛がダダ漏れ

2021年1月5日 くれい響 劇場版 岩合光昭の世界ネコ歩き あるがままに、水と大地のネコ家族 ★★★★★ ★★★★★

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
劇場版 岩合光昭の世界ネコ歩き あるがままに、水と大地のネコ家族

今やキャットフードのCMにも出演する写真家・岩合光昭が監督・撮影を務めた「劇場版」第2弾。ケガが治るまで、みんなのところに戻らないプライドを持つボス猫や水辺での暮らしに対応していく子猫など、可愛いだけじゃないにゃんこの生態を、優しく温かいまなざしで見つめるが、まるで彼らで話しかけているような距離感の中村倫也のナレーションが絶妙すぎ。思わず「ふふっ」と笑ってしまう語り口は癒し効果だけでなく、朝ドラ「半分、青い。」の1シーンも思い起こさせ、吉岡里帆がナレーションを務めた前作と異なる印象も!

くれい響

くれい響

略歴:1971年、東京都出身。大学在学中、クイズ番組「カルトQ」(B級映画の回)で優勝。その後、バラエティ番組制作、「映画秘宝(洋泉社)」編集部員を経て、フリーとなる。現在は映画評論家として、映画誌・情報誌・ウェブ、劇場プログラムなどに寄稿。また、香港の地元紙「香港ポスト」では20年以上に渡り、カルチャー・コラムを連載するほか、ライターとしても多岐に渡って活動中。

近況:『ハッピー・オールド・イヤー』『新解釈・三國志』『新感染半島 ファイナル・ステージ』『イップ・マン 完結』『追龍』『WAR!!!』『眉村ちあきのすべて(仮)』『プロジェクトグーテンベルク 贋札王』などの劇場パンフにコラム・インタビューを寄稿。そのほか、「TV LIFE」にて北川景子さん×芳根京子さん、山﨑夢羽さん、安倍乙さん、「CREA WEB」にて渡部亮平監督などのインタビュー記事が掲載中。

サイト: http://blog.goo.ne.jp/asiareview/

くれい響さんの最近の映画短評

もっと見る

[PR]