「あの映画みたい」とあちこちで思わせる

2020年12月20日 猿渡 由紀 ミッドナイト・スカイ ★★★★★ ★★★★★

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
ミッドナイト・スカイ

最初の設定は面白いのだが、見ていくうちにゼロ・グラビティ」「オデッセイ」「アド・アストラ」「エイリアン」から「レヴェナント」(脚本家が同じ人)まで、いろんな映画で見たシーンをついつい思い出してしまう。ある程度は仕方ないのかとも思うものの、このジャンルでも個性的な新作は常に出てきているし、今作には残念ながら他と差別化できる強いものがないと思った。地上にいる孤独なクルーニーのシーンは緊迫感があるが、宇宙船のシーンはドラマに欠け、これまた既視感の連続。クルーのキャラクターが浅く、見せ場も少なくて、才能あるキャストだけにもったいない。衝撃のラストも、見る人によって受け止め方が違うだろう。

猿渡 由紀

猿渡 由紀

略歴:東京の出版社にて、月刊女性誌の映画担当編集者を務めた後、渡米。L.A.をベースに、ハリウッドスターのインタビュー、撮影現場レポート、ハリウッド業界コラムなどを、日本の雑誌、新聞、ウェブサイトに寄稿する映画ジャーナリスト。映画と同じくらい、ヨガと猫を愛する。

近況:

猿渡 由紀さんの最近の映画短評

もっと見る

[PR]