この2人での「実写版」も観たくなる!

2020年12月19日 くれい響 ジョゼと虎と魚たち ★★★★★ ★★★★★

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
ジョゼと虎と魚たち

読書家であるジョゼが思いめぐらす空想などが、いかにもボンズ制作といえる目を見張るような空や海の描写によって表現されるだけでなく、ジョゼのツンデレ感や「実写版」で上野樹里が演じた恋敵とのバトルなど、いかにもアニメらしい描写が満載。「実写版」信者は、いろいろ思うところはあるだろうが、やや甘酸っぱく大胆ながら、原作リスペクトも感じる脚色など、細田守版『時かけ』とまではいかなくても、これはこれで“現代版『ジョゼ虎』”といえる仕上がり。そして、さすが本家・池脇千鶴に負けず劣らずのジョゼを演じた清原果耶。数年後、中川大志との「実写版」リメイクも見たくなることもあり、★おまけ。

くれい響

くれい響

略歴:1971年、東京都出身。大学在学中、クイズ番組「カルトQ」(B級映画の回)で優勝。その後、バラエティ番組制作、「映画秘宝(洋泉社)」編集部員を経て、フリーとなる。現在は映画評論家として、映画誌・情報誌・ウェブ、劇場プログラムなどに寄稿。また、香港の地元紙「香港ポスト」では20年以上に渡り、カルチャー・コラムを連載するほか、ライターとしても多岐に渡って活動中。

近況:『ハッピー・オールド・イヤー』『新解釈・三國志』『新感染半島 ファイナル・ステージ』『イップ・マン 完結』『追龍』『WAR!!!』『眉村ちあきのすべて(仮)』『プロジェクトグーテンベルク 贋札王』などの劇場パンフにコラム・インタビューを寄稿。そのほか、「TV LIFE」にて北川景子さん×芳根京子さん、山﨑夢羽さん、安倍乙さん、「CREA WEB」にて渡部亮平監督などのインタビュー記事が掲載中。

サイト: http://blog.goo.ne.jp/asiareview/

くれい響さんの最近の映画短評

もっと見る

[PR]