チャドウィック・ボーズマンの才能が炸裂する

2020年12月18日 猿渡 由紀 マ・レイニーのブラックボトム ★★★★★ ★★★★★

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
マ・レイニーのブラックボトム

今年8月、43歳の若さでこの世を去ってしまったチャドウィック・ボーズマンの最後の作品であるこの映画は、彼の豊かな才能のショーケースと言っていい。伝説のシンガー、マ・レイニーについての話だが、ボーズマンが演じる役はフィクションで、それが彼に大きな自由を与えている。奔放で、セクシーで、エネルギーに満ちていて、人生を謳歌しているように見える一方、心の中に大きなトラウマと怒りを抱えているこのキャラクターから、とにかく目が離せない。マ・レイニーを演じるヴィオラ・デイヴィスのディーバぶりも圧倒。心躍る音楽で魅了しつつ、差別と暴力が人の心に与える傷の大きさも語る、非常に奥深い作品。

猿渡 由紀

猿渡 由紀

略歴:東京の出版社にて、月刊女性誌の映画担当編集者を務めた後、渡米。L.A.をベースに、ハリウッドスターのインタビュー、撮影現場レポート、ハリウッド業界コラムなどを、日本の雑誌、新聞、ウェブサイトに寄稿する映画ジャーナリスト。映画と同じくらい、ヨガと猫を愛する。

近況:

猿渡 由紀さんの最近の映画短評

もっと見る

[PR]