バカはそのままに、ファミリーコメディに進化

2020年12月17日 相馬 学 ビルとテッドの時空旅行 音楽で世界を救え! ★★★★★ ★★★★★

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
ビルとテッドの時空旅行 音楽で世界を救え!

 若き日の過ち的な役(?)に、キアヌが再び戻ってくるとは思っていなかった。この復帰はシリーズのファンとしては大歓迎。

 バカ者コンビ、ビル&テッドも29年歳をとって立派な中年となったが浅知恵は相変わらず。『バック・トゥ・ザ・フューチャー』ばりにタイムマシンを駆使しても状況は悪くなるばかりで、シリーズ特有のバカバカしさの連打に嬉しくなる。

 一方でファミリーコメディという新味も見逃せず、今や彼らも人の親になったが、エクセレントな遺伝子を受け継いだ娘たちの活躍ぶりも頼もしく、こちらも笑わせる。次世代への継承に不覚にも涙したのは、ウィーザーらの情感を煽る楽曲のせい…ということにしておきたい。

相馬 学

相馬 学

略歴:アクションとスリラーが大好物のフリーライター。『DVD&ブルーレイでーた』『SCREEN』『Audition』『SPA!』等の雑誌や、ネット媒体、劇場パンフレット等でお仕事中。

近況:『ファナティック ハリウッドの狂愛者』他の劇場パンフレットでお仕事中。「映画の巨人たち リドリー・スコット」(辰巳出版刊)に寄稿。

相馬 学さんの最近の映画短評

もっと見る

[PR]