これがヒットの法則!

2020年9月19日 くれい響 メイキング・オブ・モータウン ★★★★★ ★★★★★

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
メイキング・オブ・モータウン

自動車工場で学んだ流れ作業を応用した音楽作りで、“ワンダー(奇跡)”を起こし、“キング・オブ・ポップ”を発掘した御年90歳のベリー・ゴーディ。9歳年下の相方、スモーキー・ロビンソンとのはっちゃけトークが、とにかく楽しい。リトグリもカバーした名曲「Ain't No Mountain High Enough」がキーワードの構成となっており、「マイ・ガール」誕生秘話やシュープリームスの功績など、知ってるようで知らないエピソードも続々。今やスティーブン・セガールな風貌と化したスティーヴィー・ワンダーの偉大さも再確認できるが、“モータウン版『ベスト・キッド』”な『ラスト・ドラゴン』には触れてほしかった!

くれい響

くれい響

略歴:1971年、東京都出身。大学在学中、クイズ番組「カルトQ」(B級映画の回)で優勝。その後、バラエティ番組制作、「映画秘宝(洋泉社)」編集部員を経て、フリーとなる。現在は映画評論家として、映画誌・情報誌・ウェブ、劇場プログラムなどに寄稿。また、香港の地元紙「香港ポスト」では20年以上に渡り、カルチャー・コラムを連載するほか、ライターとしても多岐に渡って活動中。

近況:『イップ・マン 完結』『追龍』『WAR!!!』『眉村ちあきのすべて(仮)』『プロジェクトグーテンベルク 贋札王』などの劇場パンフにコラム・インタビューを寄稿。そのほか、「シネマトゥデイ」にて菅井友香さん、「TV LIFE」にて山田杏奈さん&鈴木仁さん、「CREA WEB」にて杉山真宏さん、「DVD&配信でーた」にて芦田愛菜さんなどのインタビュー記事が掲載中。

サイト: http://blog.goo.ne.jp/asiareview/

くれい響さんの最近の映画短評

もっと見る

[PR]