嬉しいくらいの純愛

2020年10月16日 村松 健太郎 きみの瞳が問いかけている ★★★★★ ★★★★★

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
きみの瞳が問いかけている

気恥ずかしさを通り越して、嬉しくなるくらいの純愛劇です。
これでもかこれでもかと降りかかる困難をもってしても挫けず、貫かれるストレートな純愛劇は新鮮に映りる程です。
もちろんそれは主演の二人、吉高由里子と横浜流星の演技によるところ大きく、彼らが纏う儚さが物語をどんどん盛り上げていきます。
気が付けば二人には心底、幸せになってほしいと思うようになり、邪魔する者、降りかかる困難に本当に腹が立ちます。
ラブストーリーの達人、三木監督に手腕も忘れては行けまっせん。

村松 健太郎

村松 健太郎

略歴:脳梗塞で死にかけ、今は杖片手に早めの余生。一応映画文筆家。Web中心に村松健太郎の名前で書いてます。どうぞごひいきに。

近況:お一人でも映画館に行こうという気持ちになっていただけるように精一杯やらせていただきます。

サイト: https://www.instagram.com/kentaroumuramatsu_osonerampo/?hl=ja

村松 健太郎さんの最近の映画短評

もっと見る

[PR]