挫折を抱えた吉沢亮はいい!!

2020年12月18日 村松 健太郎 AWAKE ★★★★★ ★★★★★

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
AWAKE

『青くて痛くて脆い』『さくら』に続いて挫折と屈折を抱えた吉沢亮はいいと言うことを教えてくれる一本。
完全オリジナル脚本によるAI将棋の可能性を描いた物語ということですが、将棋&棋士映画は外れがなくて面白い確率が高く、本作もまたその例に漏れることなく、気が付けば盤から目が離せなくなります。
大河があるのでしばらく吉沢亮をスクリーンで見れなくなるのは残念ですが、この映画があります!物事を辞めたことに意味があるかもしれないというのはとても励みになるメッセージですね。
若葉竜也、落合モトキ、馬場ふみか、寛一郎と周りを囲む若手キャストも効果的なピースとなっています。

村松 健太郎

村松 健太郎

略歴:脳梗塞で死にかけ、今は杖片手に早めの余生。一応映画文筆家。Web中心に村松健太郎の名前で書いてます。どうぞごひいきに。

近況:お一人でも映画館に行こうという気持ちになっていただけるように精一杯やらせていただきます。

サイト: https://www.instagram.com/kentaroumuramatsu_osonerampo/?hl=ja

村松 健太郎さんの最近の映画短評

もっと見る

[PR]