シニカル&エロを封印したF・オゾン監督の詩的な実話ドラマ

2020年7月13日 山縣みどり グレース・オブ・ゴッド 告発の時 ★★★★★ ★★★★★

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
グレース・オブ・ゴッド 告発の時

カトリック司祭による性的虐待事件が続くが、本作はフランスの事件を被害者側の視点から描く。トラウマを抱えながらも信仰を捨てない男の勇気ある告発がさざ波のように静かに広がっていく過程をF・オゾン監督が情緒的に描写。教会の隠蔽体質や事なかれ主義、さらには「告解で贖罪」という許しがたい現実で闇に葬られようとしていた事件を暴いていく。といってもセンセーショナリズムに流れず、監督は常に心に傷を負った被害者に優しく寄り添う。事実をニュートラルに描くことが逆に見る側の怒りの炎に火をつける。係争中で公開差し止めの危機もあったらしいが、その時点で80人強と噂された被害者が実は3000人超えというから驚愕!

山縣みどり

山縣みどり

略歴:雑誌編集者からフリーに転身。インタビューや映画評を中心にファッション&ゴシップまで幅広く執筆。

近況:リオ五輪に向けて、イケメンなアスリートを探す仕事をオファーされてしまった。最近はモデル活動してるアスリートも多いのにびっくり。

山縣みどりさんの最近の映画短評

もっと見る

[PR]