オスカー女優という天使が舞い降りた愛すべきバカ映画

2020年5月29日 相馬 学 リトル・モンスターズ ★★★★★ ★★★★★

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
リトル・モンスターズ

 『ショーン・オブ・ザ・デッド』と『スクール・オブ・ロック』をかけあわせたような、つまりはダメ男の奮起を描いたコメディ。既視感はあるものの、これがなかなか面白い。

 無責任だった主人公の成長のドラマはもちろん、幼稚園児たちをパニックの恐怖から遠ざけようと、遊びのフリをしながらサバイバルを繰り広げるのは大きな見どころ。基本的にはバカ映画だが、ゾンビ版『ライフ・イズ・ビューティフル』というべき温かい笑いがアクセントとして機能している。

 主演のA・イングランドの妙演もさることながら、先生役のヒロイン、L・ニョンゴもいい。オスカー受賞後、重い役が続いた彼女だが、本作ではひたすらチャーミングだ。

相馬 学

相馬 学

略歴:アクションとスリラーが大好物のフリーライター。『DVD&ブルーレイでーた』『SCREEN』『Audition』『SPA!』等の雑誌や、ネット媒体、劇場パンフレット等でお仕事中。

近況:『スター・ウォーズ スカイウォーカーの夜明け』他の劇場パンフレットに寄稿。趣味でやっているクラブイベントDJの方も忙しくなってきました。

相馬 学さんの最近の映画短評

もっと見る

[PR]