食への意識がさらに変わること間違いなし

2020年5月25日 中山 治美 もったいないキッチン ★★★★★ ★★★★★

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
もったいないキッチン

人間とは本当に愚かなもので、危機的状況に直面しないと賢人たちの有り難い言葉も耳に届かない(自戒を込めて)。だが自粛生活で食の重要性を知った今なら、”食材救出人”ことダーヴィド・グロス監督の活動は、食品ロス・世界トップクラスの汚名を持つ日本人を覚醒させるかも。しかも今回の日本の旅で紹介される事例は、野草料理研究家・若杉友子さんをはじめ精進料理や鰹節など日本の伝統食文化の掘り起こしであり、その文化の根底にある”もったいない”精神を現代社会に照らし合わせて実践している方々の新たな提案。明日をも知れぬ時代ではあるが、それも今の私たちの行動にかかっているのだということを改めて考えさせてくれる作品だ。

中山 治美

中山 治美

略歴:茨城県出身。スポーツ紙記者を経てフリーの映画ジャーナリストに。GISELe、日本映画navi、goo映画、スカイパーフェクトTV(ぴあ)、朝日新聞webサイトおしごとはくぶつかん情報館内で「おしごと映画」を執筆中。いつの間にやら映画祭を回るのがライフワークとなっている。お気に入りはオランダ・ロッテルダム国際映画祭とスペインのサンセバスチャン国際映画祭。

近況:本サイトで「映画で何ができるのか?」と「ぐるっと!世界の映画祭」を連載中。また、編集に携わった塚本晋也監督・著「『野火』全記録」(洋泉社)、DVDマガジン「石原裕次郎シアター」(朝日新聞社)が発売中デス。ライフワークの旅の記録をまとめたブログはこちら。https://tabisutekaisyu.amebaownd.com

サイト: https://www.oshihaku.jp/series/00007

中山 治美さんの最近の映画短評

もっと見る

[PR]