イスラーム社会ならではのミステリ、なのに。

2020年5月23日 ミルクマン斉藤 別離 ★★★★★ ★★★★★

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
別離

「子供のため」という名目で、海外移住許可が切れる前に出国したい妻、アルツの老父の介護のためイランに残ると譲らない夫、離婚危機に陥った父母のはざまで惑う11歳の娘。その老父の介護人として雇われた女性と、失業中の夫。……前半だけ見ると、イランにおける社会問題を扱った映画に見え、それはそれで興味深い。だが、この二組の家族が、あるできごとをきっかけに告訴沙汰へと発展。「守るべきひと・もの」のためについた嘘が彼らを翻弄していく、という人生の皮肉そのものなプロセスは実に普遍的。それでもやはり「謎解き」の核心には、イスラーム社会、イラン社会ならではの特殊な事情が絶大に存在するのだ。

ミルクマン斉藤

ミルクマン斉藤

略歴:映画評論家。1963年京都生まれ。デザイン集団「groovisions」の、唯一デザインしないメンバー。現在、京都・東洞院蛸薬師下ルの「三三屋」でほぼ月イチ・トークライヴ「ミルクマン斉藤のすごい映画めんどくさい映画」を開催中。雑誌「テレビブロス」「ミーツ・リージョナル」「キネマ旬報」等で映画コラムを連載中。

近況:

ミルクマン斉藤さんの最近の映画短評

もっと見る

[PR]