鈴木拡樹の存在感

2020年5月28日 村松 健太郎 死神遣いの事件帖 -傀儡夜曲- ★★★★★ ★★★★★

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
死神遣いの事件帖 -傀儡夜曲-

映画『刀剣乱舞』でも感じましたが、鈴木拡樹のこういう役は見事にはまります。
ちょっと若かりし頃の野村萬斎を思い起こさせる、なんとも言えない浮世離れ感がぴたりとはまります。
彼の存在感で☆一つプラスです。
こういうアレンジのかかった時代劇については賛否あると思いますが、許容範囲かなと思います。
謎解きにの部分もよくできているし、なかなか楽しめました。劇団☆新感線とか好きな人は楽しめると思います。要所所に舞台の大物がいるのも映画を締めます。

村松 健太郎

村松 健太郎

略歴:脳梗塞で死にかけ、今は杖片手に早めの余生。一応映画文筆家。Web中心に村松健太郎の名前で書いてます。どうぞごひいきに。

近況:お一人でも映画館に行こうという気持ちになっていただけるように精一杯やらせていただきます。

サイト: https://www.instagram.com/kentaroumuramatsu_osonerampo/?hl=ja

村松 健太郎さんの最近の映画短評

もっと見る

[PR]