シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

『流転の地球』とは対極的な中国産SF映画の佳作

  • ラスト・サンライズ
    ★★★★

     『流転の地球』の記録的な大ヒットにかき消された感があるものの、恐らく同作を「大味」と感じた映画ファンであれば、少なからず刺さるであろう良質な中国産本格SF映画。人類が全ての電力を太陽エネルギーで賄うようになった近未来、ある日突然、その太陽が消滅して地球が真っ暗闇に包まれてしまう。人々が食料や資源を巡って殺し合いを繰り広げ、気温の低下や酸素の欠乏が刻一刻と進む中、2人の男女が噂に聞いた「希望の地」を目指して過酷な旅へ出る。ウェットな『流転の地球』に対して、本作は非情なまでにドライ。絶望的な終末サバイバルをリアルに描きつつ、しかし普遍的なヒューマニズムに希望を託す。洗練された映像美も印象的だ

⇒映画短評の見方

なかざわひでゆき

なかざわひでゆき

略歴: 日本大学芸術学部映画学科卒、同学部大学院卒。映画・海外ドラマのライターとして、TVガイド誌やオンライン情報サイトなどを中心に幅広く執筆活動中。雑誌「スカパー!TVガイドBS+CS」(東京ニュース通信社刊)で15年続くコラム“映画女優LOVE”をはじめ各テレビガイド誌で特集記事やコラムを執筆。著書は「ホラー映画クロニクル」(扶桑社刊)、「アメリカンTVドラマ50年」(共同通信社刊)など。また、数多くの来日スターにインタビューしており、ハリウッドのスタジオや撮影現場へも毎年コンスタントに足を運んで取材をしている。特に海外ドラマの現地取材は本人も数え切れないほど(笑)。旧ソ連のモスクワ育ち。

近況: 新しく映画ブログ始めました。よければチェックしてみてください?なかざわひでゆきの毎日が映画三昧→http://eiga3mai.exblog.jp/

サイト: http://eiga3mai.exblog.jp/

» なかざわひでゆき さんの映画短評をもっと読む

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク