「色」と「形」が原初的な恐怖を呼び起こす

2020年2月14日 平沢 薫 ミッドサマー ★★★★★ ★★★★★

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
ミッドサマー

 すべての色と形に意味がある。画面に現れる建造物の造形、布に描かれた絵、空と花が、その色と形だけで、北欧起源の人々のDNAに埋もれた記憶を刺激するのではないか。それは日本で育った私たちが「もののけ姫」の植物相や装飾物を見たときに、縄文時代の記憶を揺さぶられたと感じたのと同様の感覚だろう。それらの"そんなはずはないのに確かに知っている"と感じさせる色と形は、懐かしくもあるが、畏怖の念をも呼び起こす。なぜなら、それにまつわる恐ろしい出来事をDNAが忘れていないからだ。それを明解にするため、登場人物たちは民俗学を学ぶ学生だという設定になっている。その原初的恐怖は、北欧系ではない観客にも伝わってくる。

平沢 薫

平沢 薫

略歴:映画ライター。視覚に訴えかけるビジュアルの派手な映画がお気に入り。「SCREEN」「SCREEN ONLINE」「キネマ旬報」「SFマガジン」「映画.com」「Movie Walker」等で執筆。他に「キングスマン:ゴールデン・サークル」ノベライズ、「グレートウォール」ノベライズ、「X-ファイル 2016」ノベライズ、「フランケンウィーニー」ノベライズ、「「ターミネーター:新起動/ジェニシス ビジュアルガイド」翻訳など。ウェブで映画やTVドラマのニュースを追いかけ中

近況:ウィル・フェレル主演のコメディ「ユーロビジョン歌合戦 ファイア・サーガ物語」@Netflix、北欧ポップ音楽あるある大会にニヤニヤしながら、ダン・スティーヴンスの怪演に爆笑。 キーワードは"エルフ"?

平沢 薫さんの最近の映画短評

もっと見る

[PR]