タイトルとは裏腹に超激シブな哀愁漂う男のドラマ

2020年2月14日 なかざわひでゆき ヒトラーを殺し、その後ビッグフットを殺した男 ★★★★★ ★★★★★

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
ヒトラーを殺し、その後ビッグフットを殺した男

 C級カルト映画のようなタイトルに騙されてはいけない。なにしろ主演は名優サム・エリオット。製作総指揮にはダグラス・トランブルやジョン・セイルズが名を連ねる。主人公は寡黙で武骨で誠実、まるで西部劇の英雄のごとき老人。かつて狙撃兵だった彼は、国家の命を受けソ連と協力してヒトラーを暗殺するが、しかしナチスの凶行は止められず、戦後のアメリカはソ連と敵対。彼の存在も歴史の闇に葬られた。そして今、政府の要請でビッグフット退治に乗り出した彼は、まるで自分のような老いた絶滅危惧種の怪物と対峙する。これは誠実な愛国者ゆえ国家の思惑に利用され、時代に翻弄された、全ての名もなき兵士たちへ捧げるレクイエムだ。

なかざわひでゆき

なかざわひでゆき

略歴:日本大学芸術学部映画学科卒、同学部大学院卒。映画・海外ドラマのライターとして、TVガイド誌やオンライン情報サイトなどを中心に幅広く執筆活動中。雑誌「スカパー!TVガイドBS+CS」(東京ニュース通信社刊)で15年続くコラム“映画女優LOVE”をはじめ各テレビガイド誌で特集記事やコラムを執筆。著書は「ホラー映画クロニクル」(扶桑社刊)、「アメリカンTVドラマ50年」(共同通信社刊)など。また、数多くの来日スターにインタビューしており、ハリウッドのスタジオや撮影現場へも毎年コンスタントに足を運んで取材をしている。特に海外ドラマの現地取材は本人も数え切れないほど(笑)。旧ソ連のモスクワ育ち。

近況:新しく映画ブログ始めました。よければチェックしてみてください♫なかざわひでゆきの毎日が映画三昧→http://eiga3mai.exblog.jp/

サイト: http://eiga3mai.exblog.jp/

なかざわひでゆきさんの最近の映画短評

もっと見る

[PR]