展開はユーモア主体だがアクションはガチ!

2020年1月22日 相馬 学 燃えよスーリヤ!! ★★★★★ ★★★★★

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
燃えよスーリヤ!!

 生まれながらに、いっさいの痛みを感じない特異体質の主人公。そんなキャラクターの特徴を活かしつつ、本作はユーモラスなドラマを展開させる。

 ブルース・リー作品をはじめとする1970年代カンフー映画ブーム時代の作品に目配せしながら、現代の内向を主人公のナレーションとともに伝える物語は、インド映画ならではのテンコ盛の娯楽味により、独特のアクション映画に。主人公と、彼を取り巻く人々の関わりから醸し出されるトボケた笑いが妙味。

 そんなヒネッた作品ではあるが、最大の見どころはやはりカンフー・アクション。ユルくなりかねないドラマを、本格派のそれがビシッと引き締めている点がいい。

相馬 学

相馬 学

略歴:アクションとスリラーが大好物のフリーライター。『DVD&ブルーレイでーた』『SCREEN』『Audition』『SPA!』等の雑誌や、ネット媒体、劇場パンフレット等でお仕事中。

近況:『スター・ウォーズ スカイウォーカーの夜明け』他の劇場パンフレットに寄稿。趣味でやっているクラブイベントDJの方も忙しくなってきました。

相馬 学さんの最近の映画短評

もっと見る

[PR]