さながらマイケル・ベイ版ミッション・インポッシブル!

2019年12月11日 なかざわひでゆき 6アンダーグラウンド ★★★★★ ★★★★★

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
6アンダーグラウンド

 これは恐らく、マイケル・ベイ史上最もマイケル・ベイらしさが濃縮された映画と言えるだろう。オープニングのプロローグこそ静かで思わせぶりだが、そこから一転、いきなりイタリアの古都フィレンツェを縦横無尽に駆け巡る壮絶なカーチェイスが始まってからは、最後の最後まで文字通りのノンストップ!破壊と銃撃とアクロバットの限りを尽くした、スペクタクルなアクションと決めまくりショットの畳みかけで、とにかく有無を言わせず観客を引き込んでいく。ストーリー?超凄腕の仕事人チームが悪人どもをコテンパンにやっつける!以上!という分かりやすさ(笑)。こいつがウェブ配信専用というのはまことにもったいない。

なかざわひでゆき

なかざわひでゆき

略歴:日本大学芸術学部映画学科卒、同学部大学院卒。映画・海外ドラマのライターとして、TVガイド誌やオンライン情報サイトなどを中心に幅広く執筆活動中。雑誌「スカパー!TVガイドBS+CS」(東京ニュース通信社刊)で15年続くコラム“映画女優LOVE”をはじめ各テレビガイド誌で特集記事やコラムを執筆。著書は「ホラー映画クロニクル」(扶桑社刊)、「アメリカンTVドラマ50年」(共同通信社刊)など。また、数多くの来日スターにインタビューしており、ハリウッドのスタジオや撮影現場へも毎年コンスタントに足を運んで取材をしている。特に海外ドラマの現地取材は本人も数え切れないほど(笑)。旧ソ連のモスクワ育ち。

近況:新しく映画ブログ始めました。よければチェックしてみてください♫なかざわひでゆきの毎日が映画三昧→http://eiga3mai.exblog.jp/

サイト: http://eiga3mai.exblog.jp/

なかざわひでゆきさんの最近の映画短評

もっと見る

[PR]