シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

ジョーカーは、ひとりで踊る

  • ジョーカー
    ★★★★★

     ジョーカーが"ひとりで踊る者"として描かれる。ある男がジョーカーという存在に変貌するまでを描くが、変化は突然ではなく、徐々にやってくる。貧相で挙動不審な中年男は、少しずつ、お茶目で優雅な闇の貴公子へと変わるのだ。そのたびに男は奇妙な踊りをする。その時、彼は世界のどこにも属さず、ただ彼にだけ聞こえる音楽に身を委ねている。すると身体が優美な舞踏のように動く。その光景が美しく、その美に浸るために、自分がこれから何度もこの映画を見ることになるのが分かる。
     この光景は、この映画が描くジョーカーというものの象徴でもある。ジョーカーは自分の踊りをし、人々はその姿にいろんな意味を読み取ってしまうのだ。

⇒映画短評の見方

平沢 薫

平沢 薫

略歴: 映画ライター。視覚に訴えかけるビジュアルの派手な映画がお気に入り。「SCREEN」「キネマ旬報」「SFマガジン」「映画.com」等で執筆。著作に「キングスマン:ゴールデン・サークル」ノベライズ、「グレートウォール」ノベライズ、「X-ファイル 2016」ノベライズ、「フランケンウィーニー」ノベライズ、「「ターミネーター:新起動/ジェニシス ビジュアルガイド」翻訳など。ウェブで映画やTVドラマのニュースを追いかけ中

近況: コロンビア製作の「グリーン・フロンティア」@Netflixは、時代の異なる複数の物語が同時進行する"密林のマジックリアリズム"な全8話。現在のアマゾンで起きた大量殺人事件を捜査する女性刑事のドラマと、太古から森を守ってきた精霊たちの神話、いつの時代か分からない精霊と人間の物語が交錯していく。実際にアマゾン森林火災が起きた今、リアルすぎる物語になっているかも。

» 平沢 薫 さんの映画短評をもっと読む

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク