シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

水の冷たさ、清浄さに浸らせてくれる

  • 聖なる泉の少女
    ★★★★★

     画面から、冷たく清浄な冷気が静かに漂ってくる。雪の降る北の山地、山に見守られた湖、その水面の滑らかさ。泉の水の冷たさ、清らかさ。その水の清浄さに浸っているだけで、伝わってくるものがある。
     ストーリーは一応あるが、人々を癒す水が湧き出る聖なる泉、その泉を世話する老いた父親と娘、泉の力の減衰、という民話的古典的なもので、セリフも説明も最小限まで切り詰められている。その分、風景や建築物、生活用品、そこにあるすべての物が、雄弁に語りかけてくる。それに耳を澄ましながらこの世界の冷たさと清浄さを味わい、その心地よさに浸っていると、それが今、ここにはないということが静かに迫ってくる。

⇒映画短評の見方

平沢 薫

平沢 薫

略歴: 映画ライター。視覚に訴えかけるビジュアルの派手な映画がお気に入り。「SCREEN」「キネマ旬報」「SFマガジン」「映画.com」等で執筆。著作に「キングスマン:ゴールデン・サークル」ノベライズ、「グレートウォール」ノベライズ、「X-ファイル 2016」ノベライズ、「フランケンウィーニー」ノベライズ、「「ターミネーター:新起動/ジェニシス ビジュアルガイド」翻訳など。ウェブで映画やTVドラマのニュースを追いかけ中

近況: AmazonプライムのTVシリーズ「ザ・ボーイズ」を視聴中。原作コミック作者は「プリーチャー」「ヒットマン」のガース・エニス。"もしスーパーヒーローと呼ばれる人々がただの異能者で、彼らの所属する組織の目的が利益追求だったら"という世界を現代的かつ大人の視点で描いて、毒とブラックな笑い満載。TVシリーズ版クリエイターには、TV「プリーチャー」にも参加してた、「ソーセージ・パーティー」原案&製作のセス・ローゲン&エヴァン・ゴールドバーグが参加してる。

» 平沢 薫 さんの映画短評をもっと読む

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク