シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

その力を使うとき、ジーンの顔が誇りと喜びに輝く

  •  まだ少女の面影を残すジーン・グレイが、自分で制御できないほどの強大なパワーを手に入れてしまい、片手をかざすだけでプロフェッサーXやマグニートーをも超える力を発揮するようになる。彼女はその力に怯えもするが、しかしその力を使うとき、その顔は誇りと喜びに輝き、身体の内部から光が溢れ出す。この光景が美しい。
     監督は"ダーク・フェニックス・サーガ"を描いた06年の「X-MEN:ファイナル ディシジョン」に脚本で参加して以来、この物語を自分の手で描くことを熱望し、本作で実現したサイモン・キンバーグ。コミックや06年の映画とは違う、彼が描きたかったダーク・フェニックスとは何か。その答がここにある。

⇒映画短評の見方

平沢 薫

平沢 薫

略歴: 映画ライター。視覚に訴えかけるビジュアルの派手な映画がお気に入り。「SCREEN」「キネマ旬報」「SFマガジン」「映画.com」等で執筆。著作に「キングスマン:ゴールデン・サークル」ノベライズ、「グレートウォール」ノベライズ、「X-ファイル 2016」ノベライズ、「フランケンウィーニー」ノベライズ、「「ターミネーター:新起動/ジェニシス ビジュアルガイド」翻訳など。ウェブで映画やTVドラマのニュースを追いかけ中

近況: TVシリーズ「宇宙探査艦オーヴィル」の日本放送が始まってめでたし。クリエイター&主演がセス・マクファーレンだし、きっと「スタートレック」のパロディでしょと思って見たら、失礼しました! コメディで大人向けだけど、スタトレの精神を正攻法に受け継ぐマジな作品。姿勢正して見ます。

» 平沢 薫 さんの映画短評をもっと読む

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク