シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

西島秀俊の熱演は見もの

  • 司城志朗の原作は、科学の知識を巧みに盛り込んだ非常に興味深いミステリーである。映画はスケール感が増してはいるが、肝心の緻密に展開するべき物語がとっ散らかってしまっている。主人公・石神は記憶が混乱したキャラクターだが、映画は彼の混沌とした頭の中そのままに観客を戸惑わせる。ここはキム・ソンス監督にはきっちり整理して見せてもらいたかった。

    しかし、鍛え上げた肉体フル稼働で身体を張ったアクションをこれでもかと見せてくれる、西島秀俊の熱演は見応えがある。クールでワイルド、繊細さも持ち合わせたタフガイぶりは魅力的。かような熱演を空回りさせるとは無念だが、この頑張りに★一つプラス。

⇒映画短評の見方

今 祥枝

今 祥枝

略歴: いまさちえ/映画、海外ドラマライター。『BAILAバイラ』『eclatエクラ』『日経エンタテインメント!』『日本経済新聞 電子版』ほかに連載・執筆中。ほかにプレス、劇場パンフ、各局のHPなどに寄稿。時々、映像のお仕事。著書に『海外ドラマ10年史』(日経BP社)。海外ミュージカルファン。

近況: 更新休止中です。

» 今 祥枝 さんの映画短評をもっと読む

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク