シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

無重力と孤独の中に放り込まれたら、どうする!?

  • ゼロ・グラビティ
    ★★★★

     看板に偽りナシの“無重力”を舞台にした映画で、宇宙空間の圧倒的な凄みが存分に伝わってくる。まさにスクリーンで、できれば3Dやアイマックスで向き合うべき体感ムービー。

     宇宙ゴミの急襲や酸素の欠乏等のエピソードは緊張感を宿らせるに十分。サンドラ・ブロックが体現するパニック状態も真に迫り、危うい綱渡りの上にサバイバルが成立していることがよくわかる。

     後半に“えっ!?”と声を上げたくなる非現実的な場面があり、そこで緊張感が緩むのが惜しいが、後にその非現実性に説明がつくので破綻はない。人間の生存本能や意志の力に心動かされる、このサバイバルは“自分ならどこまで持ちこたえられるか?”を考えさせる。

⇒映画短評の見方

相馬 学

相馬 学

略歴: アクションとスリラーが大好物のフリーライター。『DVD&ブルーレイでーた』『SCREEN』『Audition』『SPA!』等の雑誌や、ネット媒体、劇場パンフレット等でお仕事中。

近況: スターチャンネルの無料放送番組『GO!シアター』に出演中。新作映画について語ります。

» 相馬 学 さんの映画短評をもっと読む

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク