シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

続きはもう、ご勝手に。

  • 両雄対決とか言ったってどうせ仲直りするんでしょ…当然の予想を全く覆さない詰まらなさ。冒頭から延々続くまだるっこしい編集、それとは逆の、とにかくぶっ壊せばいいや的な大味アクションにZ.スナイダーの進歩のなさを痛感。だからヒーローによる無差別破壊、やりすぎ制裁の是非を問う物語にも重みがない。そもそもこんなに根性の曲がり腐ったサイコ野郎にバットマンを貶めて本当にいいのか!と怒り心頭だ。ま、結局はバーバリックな音楽に乗って突然現れるワンダーウーマンとともに、巨大怪人退治のどんちゃん騒ぎで終わるんだし、原題からもジャスティク・リーグものの開幕編なのは明らかだから深刻さなんて求められていないのだが。

⇒映画短評の見方

ミルクマン斉藤

ミルクマン斉藤

略歴: 映画評論家。1963年京都生まれ。デザイン集団「groovisions」の、唯一デザインしないメンバー。現在、京都・東洞院蛸薬師下ルの「三三屋」でほぼ月イチ・トークライヴ「ミルクマン斉藤のスゴ映画めんどくさい映画」を開催中。雑誌「テレビブロス」「ミーツ・リージョナル」「キネマ旬報」等で映画コラムを連載中。

» ミルクマン斉藤 さんの映画短評をもっと読む

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク