「おちょやん」千代は映画に大抜てきされるが…1月22日のあらすじ

千代の心は大きく揺れる
千代の心は大きく揺れる - (C) NHK

 連続テレビ小説「おちょやん」(月~土、NHK総合・午前8時~ほか)の第35回が1月22日に放送される(以下、今後のあらすじに触れています)。

小暮の本当の気持ちを知った千代は…第35回の場面カット【写真】

 連続テレビ小説の第103作「おちょやん」は、明治の末に大阪の貧しい家に生まれた竹井千代(杉咲花)が、華やかな芝居の世界で女優の道を駆け上がる姿を描く物語。現在は第7週「好きになれてよかった」に突入している。

[PR]

 監督との衝突続きだった高城百合子(井川遥)が相手役と失踪。撮影所は大混乱に陥ってしまう。千代は恋心を抱いている助監督の小暮(若葉竜也)が、百合子のことを本気で好きだったことを知り、胸が苦しくなる。

 そんななか、『太陽の女・カルメン』をキャストも新たに撮り直すことが決定。なんと千代が大抜てきされる。それは百合子の置き土産。だが、千代が与えられた役は、ほかの女性を好きになった夫に捨てられる妻、という役柄で……。(編集部・大内啓輔)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]