映画秘宝2020年ベスト&トホホ映画決定!声優・悠木碧のオールタイムベストも!

やっぱりトホホはあの映画 !? 「映画秘宝」2021年3月号
やっぱりトホホはあの映画 !? 「映画秘宝」2021年3月号 - (C)双葉社・オフィス秘宝

 その年最高だった映画と最もガッカリした映画を決める、映画専門雑誌「映画秘宝」の恒例企画「年間映画ベスト&トホホ10」が、21日に発売された2021年3月号で発表された。

ハリウッド版半沢直樹!?『フォードvsフェラーリ』

 「ベスト&トホホ10」は、監督、俳優、漫画家、ミュージシャン、評論家など、秘宝にゆかりのある映画通の投票で決まるランキング。153名が参加した今回のベスト映画1位には、マット・デイモンクリスチャン・ベイルの共演で、ル・マン24時間レースをめぐる実話を映画化した『フォードvsフェラーリ』が、2位の『パラサイト 半地下の家族』と僅差で1位を勝ち取った。

[PR]

 迫力のレースと共に、不屈の闘志で企業に立ち向かう男たちを描いた本作は「カーアクション映画に見えて、実は企業映画。ハリウッド版半沢直樹」(谷垣健治)、「クソ幹部の妨害に負けない根性、レース再現に燃える」(佐々木寿)と好評。「映画秘宝」創刊編集長で映画評論家の町山智浩も「俺も去年のベストに入れたけど、これは最高! 心のアクセルを踏む映画!」と称賛。同じく評論家の柳下毅一郎も「とてもよろしい。僕もベスト10に入れてもいいくらい好きな映画でした。入れてないけど」と納得だ。

 一方の「トホホ10」の1位は、最低映画を選出するゴールデンラズベリー賞(ラジー賞)でも最多6部門で受賞した『キャッツ』に決定。同作を2020年のベストワンに選んでいる柳下は、「だってあんな映画、1位にするかワーストにするかしかない。他と比べていいとか悪いとかじゃなくて、まったく別次元のもの」などと評している。誌面では、町山と柳下の1万3,000文字に及ぶ対談を掲載。そのほかの選者たちも、ベストとトホホ映画、双方に向けた思いをつづっている。

 また、俳優部門では、2020年のベスト・ガイ1位に『悪人伝』のマ・ドンソク、ベスト・ガール1位に『ワンダーウーマン 1984』のガル・ガドットが選ばれた。表紙は、2人をはじめ、2020年の映画シーンを彩ったキャラクターたちが賑やかに集う、長野剛による描き下ろし。

[PR]

 そのほか、「ヒーリングっど・プリキュア」「魔法少女まどか☆マギカ」などの人気アニメに参加し、映画『トランスフォーマー』の大ファンでも知られる人気声優・悠木碧が、1万8,000字にわたり、タイムリープ映画から異種族萌え、ケモナー談義と、ディープに神映画を語り尽くす「オールタイム神映画ベスト12」ロングインタビューや、昨年の話題作『アルプススタンドのはしの方』で主演を務めた小野莉奈中村守里の対談など、映画ファン必読の一冊となっている。(編集部・入倉功一)

「映画秘宝」2021年3月号は双葉社より発売中 定価:1,200円+税

映画秘宝が選ぶ2020年度映画ベスト10

1位『フォードvsフェラーリ』
2位『パラサイト 半地下の家族』
3位『ミッドサマー
4位『TENET テネット
5位『悪人伝』
6位『1917 命をかけた伝令
7位『屋根裏の殺人鬼フリッツ・ホンカ
8位『エクストリーム・ジョブ
9位『ブックスマート 卒業前夜のパーティーデビュー
10位『ブルータル・ジャスティス

映画秘宝が選ぶ2020年度映画トホホ10

1位『キャッツ』
2位『デッド・ドント・ダイ
3位『TENET テネット』
4位『Fukushima 50(フクシマフィフティ)
5位『チャーリーズ・エンジェル
5位『新感染半島 ファイナル・ステージ
7位『STAND BY ME ドラえもん 2
7位『ワンダーウーマン 1984』
7位『犬鳴村
7位 『新解釈・三國志

映画秘宝が選ぶ2020年度ベスト・ガイ&ベスト・ガール

ベスト・ガール1位
ガル・ガドット『ワンダーウーマン 1984』

ベスト・ガイ1位
マ・ドンソク『悪人伝』

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]