特撮「遊星王子」令和でリメイク!日向野祥が主演、ヒロインは織田奈那

主演の日向野祥とヒロインの織田奈那
主演の日向野祥とヒロインの織田奈那 - (c)2021「遊星王子2021」製作委員会

 1958年から1959年にかけて日本テレビ系列で放映された特撮「遊星王子」が、映画『遊星王子2021』(仮)としてリメイクされることが決定した。2.5次元舞台への出演などで知名度を高める日向野祥が主演を務め、TikTokやYouTubeなど幅広く活躍する織田奈那がヒロインに抜擢。一般劇場公開は今夏~秋を予定している。

【画像】日向野祥が映画監督役!主演作『縁側ラヴァーズ2』

 「遊星王子」(製作:宣弘社、脚本:伊上勝)は、地球に派遣された遊星王子が超能力を駆使して、海底人や宇宙人、秘密結社と戦うさまを描く特撮作品。テレビ番組としては日本初の宇宙人ヒーローものであり、テレビ版の放送期間中、東映が製作した劇場版『遊星王子』『遊星王子 恐怖の宇宙船』が公開された。

[PR]

 2.5次元ダンスライブ「S.Q.S(スケアステージ)」や映画『縁側ラヴァーズ2』などに出演してきた日向野。主演を務めるにあたり、「この作品のお話を頂いた時は、すごく嬉しかったです。僕自身、子供の頃からヒーローが好きで週末になればヒーローショーに連れて行ってもらっていました。そんな自分がヒーローになれる……ワクワクする気持ち反面、プレッシャーも大きいですが。令和の時代には無い、昔の良さも沢山詰まった作品となるよう遊星王子を演じる事ができればと思います」と心境を語った。

 また、ヒロイン・大村君子を演じる織田も「ヒロインと聞いて最初は不安でしたが、台本を読んだらすごく面白くて! ぜひ挑戦させて頂きたいと思いました。どんな映画になるのか、今からとても楽しみです!」とコメントしている。

 メガホンを取るのは、『日本以外全部沈没』『ギララの逆襲 洞爺湖サミット危機一発』『三大怪獣グルメ』などを手がけた河崎実監督。コスチュームデザインを「サイレントメビウス」で一世を風靡した漫画家・麻宮騎亜が担当する。テレビ版の放送開始年に生まれたという河崎監督は、「原作に最大限のリスペクトを捧げながら、『異世界からの闖入者(ちんにゅうしゃ)』が人々とふれあいながら絆を深めるという、『オバケのQ太郎』『ウルトラマン』をはじめ、わたしの少年時代を魅了した黄金パターンを本作に盛り込み、我々かつての少年が憧れたヒーロー世界を構築したいと思います。殺伐とした世の中を、遊星王子が明るく照らします! 乞うご期待!」と意気込んでいる。(編集部・倉本拓弥)

※初出時の情報に誤りがありました。訂正しお詫びいたします。

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]