岡田将生、志尊淳への絶大なる信頼「淳くんでよかった」

ダブル主演作『さんかく窓の外側は夜』がいよいよ公開される2人
ダブル主演作『さんかく窓の外側は夜』がいよいよ公開される2人

 岡田将生志尊淳が21日、丸の内ピカデリーにて行われた2人のダブル主演映画『さんかく窓の外側は夜』公開前夜祭舞台あいさつに出席。岡田は劇中、心霊探偵バディとしてタッグを組んだ志尊に対して「淳くんでよかった」と熱い思いを伝えていた。舞台あいさつには、平手友梨奈森ガキ侑大監督も参加した。

【写真】岡田将生×志尊淳×平手友梨奈が前夜祭!

 本作は、ヤマシタトモコによるミステリー漫画を、『おじいちゃん、死んじゃったって。』などの森ガキ監督で実写映画化。霊媒師の冷川理人(岡田)と幼いころから霊が見える特異体質に悩む書店員・三角康介(志尊)がタッグを組み、難事件を解決していく姿を描く。

[PR]

 映画のプロモーションを行っているときから、岡田と志尊の蜜月関係は強く伝わってきていた。岡田は司会者から「好きなシーン」を問われると、クライマックスでの冷川と三角のシーンをあげ「三角の人間としての優しさが詰まっている。淳くんが三角を演じてくれたからこそ、強くその思いが伝わってきた。三角が淳くんでよかった」と気持ちを吐露する。そんな岡田の思いに志尊は「目線的に僕、口説かれています?」とおどけると、岡田も二人を隔てているアクリル板に手を当て「これがなければ抱きしめたかったよ」と笑顔を見せていた。

 2人は森ガキ組が作り出す作品愛に感銘を受けたようで、志尊は「きれいごとと言われるかもしれませんが、ものすごく深いところで作品への愛を感じられました。ビジネス的な発言ではなく、心からこの映画をやれてよかった」と胸の内を明かすと、岡田も「一度延期になった映画が、明日やっと公開することができます。こんな状況でも、楽しんで待ってくれている人のために公開する。映画の力を感じています」と感慨深い表情を見せる。

さんかく窓の外側は夜

 出演者の熱い思いに森ガキ監督は「たくさんの映画がある中、この映画を選んでくれてありがとう」と言うと、岡田、志尊、平手に感謝の手紙を綴る。岡田に「難しい役を安心してお願いできた」、志尊に「勘がよくて柔らかい。現場で盛り上げ役を買ってくれた」、平手に「現場での集中力がすごい」と称賛を送ると、岡田は「最近、僕自身心も体も乾いてしまっていて潤いがほしかった。監督の手紙で潤いました。泣きそうになりました」としみじみ語っていた。(磯部正和)

映画『さんかく窓の外側は夜』は1月22日より全国公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]