山崎賢人主演『キングダム』金ローで今夜!本編ノーカット

映画『キングダム』ビジュアル
映画『キングダム』ビジュアル - (C) 原泰久/集英社 (C) 2019映画「キングダム」製作委員会

 山崎賢人が主演を務めた映画『キングダム』が、日本テレビ系「金曜ロードSHOW!」にて今夜(29日21時~)、本編ノーカットで地上波初放送される。

美しすぎる!長澤まさみの楊端和【写真】

2019年の実写邦画ナンバー1ヒット作!

 原作は、2006年より「週刊ヤングジャンプ」で連載中の人気漫画。テレビアニメ化もされており、幅広い層に支持されている。映画化にあたり、脚本制作には原作者の原泰久も参加。原作の1巻から5巻までを、映画ならではスケールで表現した。2019年4月に劇場公開されると、その年の実写邦画ナンバー1となる大ヒットを記録した。

[PR]

豪華キャストが集結!

 主人公の信を演じたのは、日本を代表する若手スターである山崎賢人。そして、吉沢亮(エイ政/漂)、長澤まさみ(楊端和)、橋本環奈(河了貂)、本郷奏多(成キョウ)、満島真之介(壁)、阿部進之介(バジオウ)、深水元基(朱凶)、六平直政(里典)、高嶋政宏(昌文君)、要潤(騰)、橋本じゅん(ムタ)、坂口拓(左慈)、宇梶剛士(魏興)、加藤雅也(肆氏)、石橋蓮司(竭氏)、大沢たかお(王騎)といった豪華な顔ぶれが集結。メガホンを取ったのは『GANTZ』『図書館戦争』シリーズなどの佐藤信介監督だ。

ストーリーは?

 紀元前245年、中華西方の国・秦。戦災で親を失くした少年・信と漂は、大将軍になる夢を抱きながら剣術の特訓に明け暮れていた。やがて漂は王宮へと召し上げられるが、王の弟・成キョウが仕掛けたクーデターによる戦いで致命傷を負う。息を引き取る寸前の漂から渡された地図を頼りにある小屋へと向かった信は、そこで漂とうり二つの王・エイ政と対面。漂が彼の身代わりとなって殺されたのを知った信は、その後エイ政と共に王座を奪還するために戦うことになる。(※山崎賢人の「崎」は「たつさき」が正式表記)(編集部・小山美咲)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]